近年注目されている成分「ナットウキナーゼ」について

血栓を様々な角度から溶解するナットウキナーゼ

納豆

ナットウキナーゼとは??

長年日本人の健康を支えてきた伝統食品であるネバネバ成分に含まれるタンパク質分解酵素がナットウキナーゼです。
納豆は、煮大豆を納豆菌で発酵させることでできる食品ですが、この発酵過程でナットウキナーゼをはじめとする多様な栄養素が生成されます。1925年北海道帝国大学の大島先生により、その精製および性質について報告がなされており、その後様々な研究報告がなされ、1980年代に血栓の素となるタンパク質であるフィブリンを分解(溶解)する酵素が「ナットウキナーゼ」と命名されました。

 

ナットウキナーゼの働き

ナットウキナーゼには、

  • 血栓の主成分であるフィブリンに直接働きかけ分解(溶解)する作用
  • 身体の中の決戦溶解酵素であるウロキナーゼの前駆体を活性化する作用
  • 血栓溶解酵素プラスミンを作り出す組織プラスミノーゲンアクチベーター量を増大させる作用

があります。
さらに最近の研究で、ナットウキナーゼには

  • 血栓を溶けにくくする血栓溶解阻害物質PAI-1を分解する作用
  • オイグロブリン溶解時間の短縮作用

があり、血栓溶解活性の増強作用があることがわかってきました。

 

血栓を直接溶かす世界で唯一の食品成分

血液をサラサラにする作用を持つものとしては、イチョウのエキスやDHA・EPAなどがあげられます。
これらの成分とナットウキナーゼの最大の違いは、できてしまった血栓を積極的に溶かすことができるということにあります。
DHA・EPAは血液をサラサラにすることはできますが、できてしまった血栓を溶かすことはできないのです。
体の中で血栓をとかすことができるのはナットウキナーゼ以外に、人間の体が本来持っている酵素と医薬品としてはウロキナーゼです。ウロキナーゼは非常に高価で様々な副作用を伴います。ですので、天然由来のナットウキナーゼは副作用の心配がなく安心して使用できます。
さらにウロキナーゼよりも有効作用時間が100倍以上という特徴もあります。

 

 

【納豆博士】
ナットウキナーゼは腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らす整腸作用やカルシウムの吸収促進、抗菌・抗酸化作用などもあります。
腸内環境を整えることは、体内の老廃物を排泄するということですので、様々な病気の予防にもつながりますよ。


 

ナットウキナーゼの敵、ビタミンK2

ナットウキナーゼは血栓の予防ができ、脳梗塞や心筋梗塞などの予防にも効果的なことが判明しています。
しかし、納豆を作っている成分のすべてが血液に良いというわけではないのです。その代表的成分がビタミンK2です。ビタミンK2は血液の凝固を促進させる成分で、納豆には豊富に含まれています。
血栓症に悩んでる患者さんに処方される医薬品のワーファリンは、肝臓でビタミンK2の生成を抑制し血液の凝固を阻止する効果を持つ薬品です。ワーファリンとビタミンK2は真逆の効果を持っており一緒に摂取すると拮抗作用が働いて薬品の作用を弱めてしまいます。
なので、ナットウキナーゼだけを抽出したサプリメントは血栓症の心強い味方となるのです。

 

矢印

きなりについて

このエントリーをはてなブックマークに追加